東京都の音楽教室、コースも多数ご用意!

講師紹介

ギター 担当講師

井上 大地

1982年2月4日東京生まれ。18歳から都内のキャバレー、結婚式場、レストランでプロとしてジャズ、ブルース、ソウル、カントリー等のルーツミュージックの演奏を始める。米国ルイジアナ州ニュー・オーリンズへ渡り、現地のクラブ、ライブハウス、フェスティバル、そして伝説のジャズクラブ「Preservation Hall」に出演。Shannon Powell(ex John Schofield)ら本場のニュー・オーリンズジャズ名士達との共演を重ねる。自己がリーダーを務めるバンド「HiT ThaT Jive!」では作詞作曲、映画音楽制作、テレビ出演、CDのレコーディング、イベント企画等を行っており、ジャズ・ブルースファンのみならず、幅広い層から高い評価を得ている。

 

松尾 弘良

18才の時現オルケスタデラルスの初代メンバーらと共に自らのファンクバンドATOMを結成。 1986年より池田聡のツアーに参加したのを機に本格的にプロ活動を開始。 その後、森高千里のツアー、レコーディングに参加したのをきっかけに楽曲提供、アレンジ等を経験し、 徳永英明、伊秩弘将、、瀬戸朝香、CHAKA、V6、J'Friends等様々なアーティストのレコーディング、ライブ等の仕事をこなす。 又、ギタリストしてだけでは無くアレンジャーとして『ダンスマニアシリーズ、スーパーユーロビートシリーズ等、 数々のダンス作品を手掛け、コンポーザー、プロデュース』活動の他、サウンドデザイン、 エフェクター開発や各種音楽データ制作にも携わる。 1996年にはLAに渡りマーカスミラー、マイケルホワイトらとレコーディング セッションを経験もする。 残念ながら諸事情により未発売になったが、彼等との出会いという経験はとてつもなく大きく音楽そのものに対する姿勢、 生き方まで全てが大きなターニングポイントとなる。 現在も日々、CM制作やレコーディング等種々雑多な仕事に追われながらも、 自身のバンド「グーパンチ」で精力的に活動中。 信条 「いかなるステージでも明日死んでも悔いの無い音を!」

 

細川“kessan” 圭一

武蔵野音楽学院入学後、東京を拠点に音楽活動を開始。 以後、バンドやセッションでのライブやレコーディング、アーティストのサポート (GILLE、加藤慶之(RAG FAIR)、w-inds.、林田健司、川村結花、まるで六文銭のよう に、等々)やアニメサウンドトラックへの参加(夏目友人帳、ジブリ作品集、学園ア リス等)、TV番組音楽、ゲーム用音楽、舞台音楽や作曲、編曲、プロデュース。ま た、海外でのギタークリニックやギター演奏での映画出演など。エレクトリックギ ター、エレクトリック12弦ギター、アコースティックギター、アコースティック12 弦ギター、 ガットギター、エレクトリックシタールを使用。 著書、リットーミュージック刊 「正しいリズム感が身に付くカッティング・レッス ン」〜160のジャンル別フレーズでノリの極意を習得〜 発売中。
Official Website http://commentallez.petit.cc/